1. Home
  2. 産學連攜

理研コンソーシアム

理化學研究所が、産學官連攜により研究所の研究成果の利用促進を図ることを目的に、特定の分野又は課題を設定し、産學官における研究情報等の交換、社會?産業ニーズや技術シーズ等の課題の共有及び課題解決に向けた連攜內容の検討等を行う枠組みとして、研究所にコンソーシアムを設置しています。

健康脆弱化予知予防コンソーシアム

高齢期、特に後期高齢期に要介護が急増することを踏まえ、要介護に至る手前の健康脆弱化に注目し、健康脆弱化に至る兆候を予知し予防する技術の研究開発及びイノベーションを加速させるため、會員相互の情報交換の場を提供することにより、社會?産業ニーズや技術シーズ等の課題の共有、課題解決に向けた連攜內容の検討及び研究成果の利用促進を図り、関連産業の発展に資することを目的としています。

健康脆弱化予知予防コンソーシアムのホームページ

HPCを活用した自動車次世代CAEコンソーシアム

HPC (High Performance Computing) を活用した自動車用次世代 CAE (Computer Aided Engineering) コンソーシアムは、ポスト京等の次世代HPC環境を想定して、既存の熱流體や構造解析の大規模シミュレーションソフトウェアのデータ構造やアルゴリズムの最適化をはかり、既存のCAE技術とは抜本的に異なる新たなシミュレーションフレームワークの設計を検討し、そのプロトタイプを産學連攜での実証解析により有用性を実証します。また、學術界から産業界へのHPC解析技術の伝承を行うことで、次世代の自動車ものづくりのフレームワークを産學官で連攜して構築し、迅速に実用化することを目的とします。

燃焼システム用次世代CAEコンソーシアム

燃焼システム用次世代CAEコンソーシアムは、燃焼を扱う裝置の設計や最適操作條件の選定を支援するためのツールとしてのCAEの信頼性、有用性の検証、およびその「京」やポスト「京」等の高性能コンピュータを利用した高精度化、高速化について検討を行います。また、學術界と産業界の緊密な議論及び情報交換を促すことで、次世代の燃焼器ものづくりのフレームワークを産學官で連攜して構築し、その迅速な実用化を目指すことを目的としています。

Top

亚洲精品国产免费无码