1. Home
  2. 研究成果(プレスリリース)
  3. 研究成果(プレスリリース)2020

2020年5月28日

ダイキン工業株式會社
理化學研究所

室溫28℃でも濕度を下げれば疲労軽減に有効であることを実証

理化學研究所(以下、理研)とダイキン工業株式會社(以下、ダイキン工業)の連攜組織である「理研BDR-ダイキン工業連攜センター」は、2017年より取り組んでいる快適で健康な空間づくりに向けた共同研究において、夏季のオフィス環境における快適性や疲労の改善に有効な溫度?濕度を検証しました。

昨今、省エネの観點からオフィス空調の設定溫度を高めにすることが推奨される一方で、多くの人が蒸し暑さを感じ、作業効率の低下や疲労の蓄積を感じているといわれています。

溫度?濕度が人に與える影響については、これまで行われてきた検証の多くが「快適性」といった心理的な評価によるものでした。そこで今回の試験では、ヒトの「疲労」への影響に著目し、心理的評価に加え、心拍変動から推定される自律神経活動などの生理的評価も分析し、複合的な側面から検証を行いました。

その結果、室溫28℃でも濕度を55%以下に保てば快適性が向上し、さらに40%以下であれば疲労も軽減できることが実証されました。

詳細はダイキン工業株式會社のホームページをご覧ください。

報道擔當

理化學研究所 広報室 報道擔當
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

Top

亚洲精品国产免费无码